顔のニキビを早く治す4つのコツ|ニキビをすぐに治したい人は必見!

顔にニキビが出来てしまうと気分が落ち込みますよね。

ニキビを治すにあたって栄養を摂取し生活リズムを見直すのはもちろん、ほかにも身近なものを改善したり見直すだけでもニキビの治りが早くなることがあります。

ニキビを治す方法その1:寝具を清潔にする

1つ目は「寝具の状態」です。
夜眠るときに必ず使う寝具ですが、これが意外と汚れていたりします。

使っていないときに布団やまくらカバーについたホコリや眠っているあいだについた汗。
昼寝をしたときについ寝具についてしまったファンデーションなど。

これらが顔についてしまうとニキビが出来るきっかけになることも考えられます。

とくに夏は汗をかき、寝具が汚れやすいため定期的に洗うことでニキビが出来にくい肌に近づけます。

「最近寝具を洗ってないな」という方がいらっしゃったら一度寝具を綺麗にしてみるといいかもしれません。

ニキビを治す方法その2:室内の温度を快適な温度にする

2つ目は「エアコンや飲み物による乾燥、冷え」です。

5月ごろからエアコンを稼働させる会社が出てきはじめますが、部屋の空気が乾燥することによって肌の水分量が足りなくなってきてニキビが出来やすくなることがあります。

また、これにくわえて飲んでいるものが体を冷やすようなカフェインが含まれたコーヒーや冷たい清涼飲料水だと肌の乾燥により拍車がかかってしまいます。

肌の水分量が足りなくなると肌荒れしやすいという話がありますが、飲み物次第で改善することも大いに可能です。

涼しい環境にいるとついつい水分補給を後回しにしてしまいがちですが、ときどき水分を摂るだけでもニキビの治りに一役買います。

肌の水分量が多ければそのぶんバリア機能が向上するので、涼しい空間にいてもある程度の水分補給は大切です。

白湯や肌トラブルに効果がある漢方があるので、そういった飲み物はニキビの予防はもちろんニキビが出来てしまったあとにも効果が期待できます。

カフェインや冷たい飲み物以外にもインスタント食品の多用やアルコール・塩分・油分の採りすぎもニキビの治りが遅くなる原因になります。

ニキビを治す方法その3:血行を良くする

3つ目は「むくみ」です。
むくみとニキビは関係ないのでは?と思われるかもしれませんが、実は関係あります。

むくみは肌の水分の循環がうまくできていなかったり、血行不良などで引き起こされる症状ですがこの「血行不良」が顔にニキビができる原因になっています。

血行不良によって肌の毛穴が小さくなってしまっていて皮脂分泌がスムーズに行われない状態になっているとニキビが顔にできやすくなります。

体の中に老廃物が溜まってしまっていて、うまく外に出て行っていないので食事や運動などで外に老廃物を出すことが重要になってきます。

こういった症状を改善するのにはカリウムの摂取が有効です。

カリウムはさまざまな食材に含まれていて、簡単に買える食材であれば果物で言うとバナナ、野菜でいうときゅうり・納豆・枝豆・干し柿などの食材に含まれています。

ヨーグルトもお勧めで、ヨーグルトには腸内環境を整える働きがあるためニキビの改善もむくみの改善にも効果があります。

食事でカリウムを摂取することが難しいという人の場合はカリウムのサプリがあるのでそちらを食事のあとに飲んでみるのも有効でしょう。

漢方の種類でむくみ体質に効くものもあり、普段からむくみ対策として取り入れることもできます。(当帰芍薬散など)

かといって、むくみに過敏になってしまって水分を摂らないと今度はインナードライ肌になってしまってよりニキビが顔にできやすくなってしまうのでバランスを保つことが大切です。

ニキビを治す方法その4:触らない・こすらない

4つ目は「摩擦を避けること」です。
肌にとって摩擦は相当な負担になり、ニキビが出来やすくなってしまいます。

ニキビが出来てしまった状態で肌に摩擦を加えてしまうと、より治りが遅くなってしまいます。

クレンジングをする際に肌をこすらないようにするだけでもニキビが出来にくい肌に近づくことは可能です。

クレンジングの中でも一番肌にとって負担になるのが「ふき取りクレンジング」です。

ふき取りクレンジングは肌の表面をシートでこすってメイクを落とすので相当負担が掛かり、それだけでは十分にメイクが落ち切らないこともあるのでニキビが出来ることがあります。

では、反対にニキビがすでにできてしまった肌やニキビ対策として有効な肌の手入れは何なのか?というと「肌を極力摩擦しない」ということです。

ざっくりとまとめると、肌にとって摩擦が加わってニキビが出来たりニキビが悪化するのでその正反対のことを行う=治りが早くなったりニキビが出来にくい肌になれるということです。

メイクを落とす際はゴシゴシとメイクを落とさず、肌の表面をなぞるようにしてゆっくり丁寧にメイクを落とします。

洗顔のときも密度が高い泡を顔にくっつけて撫でるようにして洗い流します。

顔を洗い終わったあとにタオルで顔を服ときにもカサついた質感のタオルは避けてふわふわとしたタオルを選び、顔に押し当てるようにして優しくふき取ります。

肌の手入れを少し工夫するだけでも、ニキビの改善にはとても効果があります。

鼻の毛穴の黒ずみを消す方法

顔のニキビを早く治す4つのコツ|ニキビをすぐに治したい人は必見!トップへ